1.  

  2. "家庭でペットとして飼われている猫や犬の餌(ペットフード)として屑肉を巡回販売する小売業。「猫を殺してその肉を売る職業」ではない。"
     
  3.  

  4. "『Beastie Boys』という名称は、『Bad Brains』と同じ頭文字にするために考えられたものである。"
     

  5. "初芝高等学校(現・初芝立命館中学校・高等学校)卒業。アメリカ合衆国を中心に活躍。本名:谷譲治。"
     

  6. "タイトルの「アネモネ」は村上龍の小説『コインロッカー・ベイビーズ』に登場する少女の名前から取っている。"
     

  7. "クワガタのようなアゴを持つアギトアリも、実は甘いものが大好きなのです。"
     

  8. "冒頭に記したように本種の根絶は容易ではなく、専門家ですら不可能としている。おそらく効果的な駆除法は未だに見つかっていないものと思われる。というのも、効果的に駆除できるのならこんなにも世界中に広がることはないからである。"
     

  9. "はっきり言って難しいです。内容は携帯電話で作成した音楽が多数、収録されています。どんなときに、このCDを聞いたらいいのか検討が付きません。"
     

  10. "時々仲間のDJシャドウとともに、いくつかのアルバムを発表している。"
     
  11.  
  12.  

  13. "筆者が幼少のころは、生レバーやユッケなどは“大人の食べ物”であり、こどもが軽々しく食べられるものではなかったし、社会人なりたての頃も牛肉の刺身などは高級な嗜好品であった。こんなに一般的な食べ物になったのは、牛角などのチェーン店が普及してきた90年代後半からと記憶している。一部ファンの食べ物が一般化した結果公衆衛生上のリスクが高まり、平成23年のユッケ集団食中毒事件のような痛ましい事態が起きてしまった。筆者の感覚では、チェーン店で生肉や生の内臓を食べるのはリスクが高いと感じていたが、“お店で出しているものは安全だ”という盲目的な信頼が現在の一般的な消費者の感覚なのであろう。また効率や儲けを優先し、食の安全を二の次にするような飲食店が存在することも事実だ。であれば、このような措置をとることはやむを得ないと思う。ただ、これまで一生懸命に安全でおいしいものをお客さんに提供してきた一部の業者さんが割を食うのはやりきれない。やはりイタリアのスローフード運動ではないが、お客さんの顔が見える範囲での商売が大事なのではないだろうか。"
     

  14. "サーマルリレーとは、電流がたくさん流れ過ぎたときに回路を切ってくれる機構のことです。 モータの保護などに使われます。モーターが火を吹いたりしないようにするわけです。 サーマルリレーがついているのが「電磁開閉器」。 サーマルリレーがついていない、単体のものが「電磁接触器」です。"
     
  15.